【ダンスの仕事】振付師になる方法とは?給料月15万円以上も

振付師の仕事

フラッシュモブジャパンの柴田です。
当社ではフラッシュモブを中心にダンスのお仕事は多数あります。
ダンサーやシンガーだけでなく、振付師も募集しています。
その振付師に貼る方法や給料について解説します。

フラッシュモブの振付師とは

ダンスの仕事

フラッシュモブの振付師とは、結婚式余興、プロポーズ、企業イベントなどのフラッシュモブダンスにおいて使用する曲に合う振付を作成し、ダンサーとに振り入れをします。
また、フラッシュモブでは多くの場合にダンス未経験のお客様もダンス参加されるため、そのお客様にダンスレッスンをします。

フラッシュモブジャパンで振付師になる方法

フラッシュモブジャパンで振付師になるには、ダンサーとして最低でも30~50回程度出演して振付師になることを認められなければいけません。
ですから誰でも振付師になれるわけではありません。
また、原則ダンサーとして出演せずにいきなり振付師として採用することはありません。

フラッシュモブジャパンの関東エリアでは多くのお仕事があるため、常に複数の振付師がいるようにしています。

振付師に求められる能力

良い振付を作成する能力があることはもちろん、コミュニケーション能力が必要です。
コミュニケーション能力とはダンサーやダンス未経験のお客様に振付をレクチャーできる能力と現場をまとめられる能力のことです。

給料は15万円以上も可能

振付師は誰にでもできる仕事ではありません。
だからその給料はダンサーに比べると高額になります。
請け負う現場の数によりますが、繁忙期であれば月収15万円以上が可能な場合があります。

まとめ

現在フラッシュモブジャパンでは振付師を募集しています。
まずは、ダンサーとして活躍してほしいです。
興味がある方は無料登録と無料のワークショップの参加をお願いします。」

無料登録はコチラ

無料の参加募集登録はコチラ

無料の参加募集登録をする